グレート ウォール リン 将軍

グレート ウォール

Add: humib54 - Date: 2020-11-30 14:34:08 - Views: 7857 - Clicks: 1194

227: 名無シネマ@上映中 /04/15(土) 15:55:15. 原 題: The Great グレート ウォール リン 将軍 Wall / 長城 / 长城 製作年: 年. イラスト投稿サイト「pixiv」ではイラストコンテストが開催されており、幅広い層をターゲットにしていることが伺えます。 公開まであと2日!映画『グレートウォール』イラストコンテスト開催中!. 12世紀(中国では宋の時代)ごろ、金儲けのため世界中を旅してまわる傭兵の一団があった。彼らは馬賊に追われ散り散りとなり20名ほどの仲間が数人になってしまう。 夜に身をひそめていた彼らは獣のような怪獣に襲われ、とっさにウィリアム・ガリン(マット・デイモン)は獣の足を切り落とす。夜が明けると仲間はペロ・トバール(ペドロ・パスカル)だけになっていた。 二人は馬賊から逃げるように進むと巨大で限りなく長い長城へと突き当たる。そこで二人とも長城の兵士に捕まってしまう。 普通であれば二人とも殺されてしまうところであったが、ウィリアムが持っていた獣の足が中国神話の怪獣 饕餮(とうてつ)のものであることが分かり命拾いをする。 饕餮(とうてつ)とは二千年前から60年に一度、大群で長城に押し寄せ人々を恐怖のどん底に陥れる怪物だ。人間は今までの長い間、長城を築いて、獣たちを撃退してきた。 長城を守っているのは禁軍と呼ばれシャオ将軍(チャン・ハンユー)が統率している。シャオ将軍の配下には鷲軍、虎軍、熊軍、鹿軍、鶴軍の5つの軍があり、筆頭司令官は鶴軍のリン(ジン・ティエン)であった。 鷲軍 : 赤い甲冑を着け主としてさまざまな弓を武器とする。チェン司令官(ケニー・リン) 虎軍 : 黄色の甲冑が目印の工兵部隊である。火玉を投げる投石器などを操る。ウー司令官(エディ・ポン) 熊軍 : 黒い甲冑を着けた最強の軍隊である。饕餮(とうてつ)と接近戦で戦う。シャオ将軍兼務 鹿軍 : 紫の甲冑を着けた騎兵隊と歩兵隊からなる。機動力に最も優れる。ドン司令官(ホアン・シュエン) 鶴軍 : 青い甲冑を身に着けた女性からなる軍隊で、長城からバンジージャンプのように飛び降り槍で饕餮(とうてつ)を撃退する。筆頭司令官のリン シャオ将軍を補佐するワン軍師(アンディ・ラウ)はウィリアムが持っていた饕餮(とうてつ)の足から、大群が来るのは予想より早いと推察し、戦闘態勢を取らせる。 予想通り数万頭とも思える饕餮(とうてつ)の大群が長城に押し寄せる。全軍組織的に連携し、饕餮(とうてつ)が壁を登って皇帝の住む都に向かうのを阻止する。 ウィリアムも得意の弓を使って鷲軍と一緒に戦う。味方にもかなりの損害が出たが饕餮(とうてつ)の第一波を食い止める。 ウィリアムとペロ・トバールのところにバラード(ウィレム・デフォー)と言う西洋人が. グレートウォールの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「hero」「lovers」などの武侠映画から「初恋のきた道」「単騎、千里. See full list on hm-hm.

. グレートウォール( The Great Wall )は、宇宙の中でこれまでに知られている最も大きな構造の一つである。 グレートウォールは地球から約2億光年離れた位置にあり、5億光年以上の長さと約3億光年の幅を持つ、膨大な数の銀河からなる「壁」である。. 映画『グレートウォール』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:The Great Wall 製作国:中国・アメリカ(年) 日本公開日:年4月14日 監督:チャン・イーモウ. 饕餮(とうてつ)は2回の攻撃で人間の注意をひきつけている間に、万里の長城を超える地下通路を掘っていました。そして都へ向かっています。捕獲した実験体は都へと送られて、皇帝の面前で披露されますが、磁石をはじき飛ばされた時に仲間を呼ばれてしまい、敵に都の方向がバレるという失態をおかしますが誰も気づいてないようです。 リン元帥と万里の長城(グレートウォール)の禁衛軍は馬では追いつけないため、開発中の発明品である熱気球に乗って都へ向かいます。これには4人くらいしか乗れないし、傾くとすぐ燃えて落下するので命がけです。実際に多くの熱気球が燃え落ちます。ウィリアムもポンと一緒に乗ってリンを追いかけます。 リンたちは、都を襲う饕餮(とうてつ)と戦いますが数が多すぎてらちがあきません。そこで、捕らえた化物に火薬をくくりつけて、たっぷりの食料(人間?)を与えてから女王のもとへ返し、そこを爆発するという作戦を実行します。その作戦中に、ポンもワン軍師も犠牲になります。 とうてつとの戦闘アクションシーンは本当に素晴らしいのですが、細部でのご都合主義が多すぎて気になります。主要人物は熱気球で燃え落ちなかったり、知能の高いはずのとうてつ近衛隊が火薬を背負った仲間を簡単に女王のもとへ入れたり、女王を倒した瞬間に全化物が停止したり。 特にラストの女王への火薬弓矢は、外国人であるウィリアム(マット・デイモン)にたくすというのが考えられません。確かに弓矢の腕前は一番かもしれませんが、信頼しすぎです。そもそも最後は火薬矢が女王エリアの中に入ったので、火薬を背負ったやつがいなくても、女王は負傷くらいした気がします。 それに普通の生物なら女王が死ぬと、すぐに次の女王が誕生するはずです。ボスが死んだだけで生きることを放棄する生物なんていないはずです。同じようなオチではトム・クルーズ主演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を思い出しました。 いずれにしろ女王を倒して都は守られました。饕餮(とうてつ)の掃除が大変そうです。逃げたトバールは途中で馬賊に襲われ、雑に扱った火薬が爆発して馬賊もバラードも全滅し、グレートウォールの禁衛軍に再び捕らえられました。 皆を救ったウィリアムは黒い粉の火薬か、捕まったトバールの解放かという、人を試すような選択をせまられ、もちろんトバールを選びます。そしてお互いに信頼関係を築いた. 4月公開の映画『グレートウォール』から「リン・メイ司令官」が1/6フィギュア化 4月14日に日本公開となる、万里の長城を.

See full list グレート ウォール リン 将軍 on happyeiga. グレートウォール (映画) グレートウォール (映画)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動グレートウォール長城 / The グレート ウォール リン 将軍 Great Wall監督チャン・イーモウ脚本カルロ・バーナードダグ・ミロトニー・ギルロイ原案マックス・ブルックスエドワード・ズウィックマ. 2017年4月日本公開の中国・アメリカ合作 歴史アクションSF映画 監督 チャン・イーモウ(紅いコーリャン、HERO、LOVERS、単騎、千里を走る。、グレートウォール) 出演 ●マット・デイモン(グッド・ウィル・ハンティング、プライベート・ライアン、 インターステラー、ジェイソン・ボーン、グレートウォール、オデッセイ) ●ジン・ティエン(グレートウォール、キングコング:髑髏島の巨神) ●ペドロ・パスカル(ゲーム・オブ・スローンズ、グレートウォール) ●ウィレム・デフォー(誰よりも狙われた男、グランド・ブダペスト・ホテル、ジョン・ウィック、グレートウォール) ●オンディ・ラウ(インファナル・アフェア、LOVERSグレートウォール) ●ルハン(20歳よ、もう一度、見えない目撃者、グレートウォール) ●チャン・ハンユー(戦場のレクイエム、グレートウォール) 本日3Dで見てまいりました。中国では昨年、アメリカでは今年の2月に公開されている。色々と批判的なレビューが出てる。 中国が舞台の映画なのに白人(マット・デイモン)が救世主になっている・・・歴史的におかしいんじゃないかとか。中国のレビューサイトも10点満点中5点前後と厳しい評価を下している。 確かにマット・デイモンが出ていなければ僕も見に行かなかったかもしれない。でも巷で言われているほど悪い作品ではないし、世界中で300億円以上の興行収入を稼いでいる。(アメリカ50億円、中国200億円) 奇想天外で現実には有り得ないほどSF色の強い作品だけど、僕は気に入った。ストーリーはもの凄くシンプルなので頭を悩ませることもない。是非お薦めだ、出来れば3Dで見た方が臨場感豊かで面白いよ。 生々しい人間同士の闘いより、人間と中国神話の怪獣 饕餮(とうてつ)との闘いの方が何の遠慮もせずに激しい戦闘を描くことが出来る。(中国では政治色を嫌うので、伝説の生き物を敵にすれば問題ないのか?) 舞台は宋王朝時代、ブラック・パウダーと呼ばれる中国の黒色火薬の秘密を盗もうとヨーロッパの傭兵ウィリアム・ガリン(マット・デイモン)とペロ・トバール(ペドロ・パスカル)は万里の長城までやってくる。 ところが万里の長城ではシャオ将軍(チャン・ハンユー)率いる何万人もの戦闘部隊が待機していた。その理由とは二千年前から60年に一度現れると言う伝説の怪獣 饕餮.

一方、トバールとバラードは大量の黒色火薬や持って逃げていました。トバールが方角を確かめるため山に登ろうとした時、バラードはトバールの馬と荷物をすべて持ち逃げしてしまいます。 しかしその直後、バラードはあの盗賊団に捕まってしまいました。無知な盗賊たちは火薬のことを知らず、不用意に火に近づけてしまいました。その時の爆発の音は、荒野で途方に暮れていたトバールの耳にも届きました。そこに禁軍の追っ手が近づき、トバールは再び捕まってしまいました。 その頃、リンたちの気球は饕餮の群れと同じタイミングで首都に到着していました。リンは少数の部隊で懸命に饕餮の群れと戦いましたが、気球が塔にぶつかって墜落してしまいます。部下は殺され、リンはたった一人で饕餮に囲まれてしまいました。その時、ウィリアムの気球が到着し、間一髪のところでリンは拾い上げられました。 ウィリアムたちは宮殿へと向かい、皇帝に謁見します。ワン軍師の提案で、捕らえられた饕餮を使って女王を倒す作戦が立てられました。饕餮たちは女王にエサを運ぶ役目をもっています。目を覚ました饕餮の側に肉を置いてあれば、すぐに女王のもとへと向かうでしょう。その饕餮に爆弾をくくりつけておいて、女王ごと一気に爆破するという作戦です。女王さえ倒してしまえば、すべての饕餮が動きを止めるのです。 ウィリアムとリン、そしてワンとあの若い兵士は、下水道を通って宮殿を出て饕餮を女王の近くへと運んでいきました。しかし饕餮の群れが下水道にも侵入してきて、護衛の兵士たちが全滅してしまいます。あの若い兵士は身を挺して爆薬を使い、追ってきた饕餮たちを食い止めました。 ウィリアムたちは爆弾をくくりつけた饕餮を女王のいる広場近くに放ちました。塔の上から火矢で狙撃し、爆薬に引火させるのです。首尾良く爆弾つきの饕餮は女王のもとへと向かいました。ウィリアムは塔の上から狙撃しましたが、その矢は護衛役の饕餮によって阻まれます。 女王はウィリアムに気づいて、饕餮の群れを塔へと送り込みました。磁石を手に塔の入り口を守っていたワン導師は、群れを防ぎきれないと判断し、磁石を螺旋階段の上にいたリンに放ります。饕餮の群れがそれを追うようにに塔の上へと殺到してきました。 リンとウィリアムは、ロープで塔から脱出しながら、女王に向けて最後の攻撃をします。リンが磁石を貼り付けた槍を投げ、饕餮たちの動. 気球は上空の風に乗って、都に到達する。饕餮(とうてつ)の女王は仲間からエサを口移しでもらう習性を逆に利用する。 ウィリアムとリンは捕えた饕餮(とうてつ)にボール状にした黒色火薬をくくり付け、肉をたらふく食べさせて、女王のもとに向かわせる。 二人は高い塔から火のついた弓矢を女王に向かって射るが、女王の周りを固めるエリマキトカゲのような護衛にはじかれる。 もっと高いところに上らないと女王を攻撃できない、塔の下からは饕餮(とうてつ)が向かってくる、もう時間が無いと最後に放った弓矢が命中し、強烈な爆発とともに女王たちは粉々になる。 都を襲っているおびただしい饕餮(とうてつ)は女王の死とともに倒れてゆく・・・ギリギリ間に合ったようだ。 ペロ・トバールとバラードは逃げるがバラードは馬賊に捕まり、火薬が暴発して死ぬ。ペロ・トバールは禁軍の兵に捕まってしまう。 リンは今回、手柄を立てたウィリアムに黒色火薬を持って国に帰るかそれともペロ・トバールを連れて帰るか選択しろと言う。ウィリアムは迷うことなくペロ・トバールを連れて帰途に就く。 饕餮(とうてつ)とは中国神話の架空の動物なんだ。体は牛とか羊で虎の牙、人の顔と爪を持つ。名前の意味は何でも喰らう猛獣ということだ。この映画ではかなり邪悪にデフォルメされている。 この映画を見ていると中国映画なんだけどマット・デイモンが出てきてもほとんど違和感を感じない。彼が実にこの映画にぴったりマッチするとは驚きだ。 それもそのはず、監督のチャン・イーモウ以外のスタッフはほとんどハリウッド出身者で固められている・・・納得だ。 また、俳優陣も中国・香港・台湾のスーパースターたちが集められ、セットも豪華だけど、俳優陣も凄いと言わざるを得ない・・・残念ながら日本の俳優は出ていないけど。 そしてチャン・イーモウ監督らしく女性ヒロインの描き方が上手い。今回ジン・ティエンを抜擢している。彼女は「キングコング:髑髏島の巨神」にも顔を出している・・・少々影が薄かったけど。 中国映画界の凄さを感じる、着実にレベルアップしている。金をかければいいってもんじゃないけど日本も見習うところが結構あるんじゃないかな(アクションと突飛な発想が凄い)。 今後、こんな作品が増えていくように思う、日本映画界も負けてはいられない。それにしても長城はデカくて長くて、中国旅行に行った時ここ. ヨーロッパの傭兵ウィリアム・ガリン(マット・デイモン)は、トバール(ペドロ・パスカル)などと共に金や名声のために部隊で旅していました。しかし中国国境まで来た時、馬賊だけでなく謎の獣にも襲撃され、部隊はほぼ全滅して2人だけで巨大な城壁(グレートウォール)にたどり着き降伏します。 万里の長城を守る武将たちは2人を処刑しようと考えますが、軍師ワン(アンディ・ラウ)はウィリアムが切り落として持っていた獣の手を見て、利用することにします。獣は饕餮(とうてつ)と呼ばれ、年前から60年ごとに人間を襲っているそうです。 万里の長城はそのために築かれ、ここを突破されると都で大量の人間が食べられて、饕餮(とうてつ)の数も増え続けるため、世界全体が滅んでしまう可能性があります。とうてつは目が弱点で、命令を発し仲間を増やす女王が存在してて、彼女を倒すと全体の動きも止まるとのことです。 グレートウォール(万里の長城)というタイトルなので歴史物語かと思ってたのですが、トカゲやエイリアンのような化物が大量に襲ってくるというファンタジーです。饕餮(とうてつ)は、なぜその周辺にしか存在しないのか、何が目的なのか、なぜ60年周期なのか、謎は多いけどほとんど明かされません。 ウィリアムとトバールの通訳は、青い鎧を身にまとった女性司令官リン将軍(ジン・ティエン)がつとめます。万里の長城軍の軍服やよろいは色によって武器や部隊が分けられています。やがて何万もの饕餮(とうてつ)が万里の長城(グレートウォール)めがけて攻めてきます。 軍師や総大将の命令は、青の女性の太鼓部隊が全軍に伝えます。遠方攻撃は火を付けた投石部隊と、赤の弓矢部隊です。接近戦は青の女性の飛行部隊が命綱をつけて、落下と上昇を繰り返してバンジージャンプのような感じで槍で戦います。ギャグ風ですが命がけです。黒は剣と盾の白兵部隊、黄色は槍部隊、紫は盾部隊という感じでしょうか。 とうてつ側も、女王を守る近衛兵的な集団は、体を盾にして鉄壁の防御陣形を作って火球もききません。かなりの数を倒しますが、圧倒的な大群なので壁をよじ登ってきて混戦となります。弓の名手のウィリアムらも戦いに加わり活躍します。赤い布での闘牛スタイルは面白いけど、知能高い敵にはきかないと思いますが。 ウィリアムは若い中国兵士ポン・ヨン(ルハン)を助けます。しばらく戦うと、と. 映画グレートウォールの美しき司令官リン・メイ(ジン・ティエン) と、まあ内容についてはこのくらいで。 この映画の一番の見どころは間違いなく美しき女司令官リン・メイ(ジン・ティエン)でしょう。. — 映画『グレートウォール』公式 年4月13日. 総大将の遺志を継ぎ司令官になったのがリン (他に将軍たくさんいるのになぜこんなお嬢さんが?

ユニバーサルピクチャーズが贈る、万里の長城を舞台に繰り広げられるアクション超大作『グレートウォール』。 『hero』(02)『lovers』(04)の. グレートウォール(万里の長城)がタイトルですが歴史物語ではなく完全なファンタジーです。強力な敵を大量に倒すという意味では『バイオハザードIV アフターライフ』シリーズや『ワールド・ウォーZ』に近いですし、似た場面もいろいろあります。 舞台は中国なのに西洋人のマット・デイモンが主役なのは変ですが、日本を舞台にした『ラスト グレート ウォール リン 将軍 サムライ』も同様ですね。渡辺謙や小雪みたいなその国のスターとしては、ジン・ティエン、アンディ・ラウ、そしてアイドル?のルハンなどが出演してて活躍します。 敵は人型ではなくトカゲや恐竜のような、饕餮(とうてつ)という化物ですが知能も高いという設定で手強いです。それを諸葛亮孔明のような天才軍師が奇策で倒すという話なら大歓迎だったのですが、わりと力技で戦います。バンジーの飛行部隊とかはつっこみどころです。 それでも力技だからこそ、その戦闘アクションシーンの映像が迫力あって楽しめます。火球や弓矢が飛んでいく場面は臨場感もあり興奮します。大味映画と開きなおって細部は気にせず、劇場の大画面で見てこそ楽しめる映画だと思います。. jp ――争いの絶えない西洋諸国。. See full list on pixiin. 『グレートウォール』の感想や評価まとめ! 歴史考証のしっかりした骨太の歴史映画が至高、 グレート ウォール リン 将軍 と考える人にはボロッカスに叩かれるだろうなぁと思うのですが、 グレート ウォール リン 将軍 それでも『グレートウォール』は面白い!.

『グレートウォール』(原題: 長城 / The Great Wall)は、年製作の中国・米国合作映画。 万里の長城を舞台に繰り広げられる壮絶な戦いを描いた歴史戦争アクション映画。チャン・イーモウ監督、マット・デイモン主演。. グレートウォール 監 督 :チャン・イーモウ 出 演 :マット・デイモン、ジン・ティエン、ペドロ・パスカル、 ジャンル:アクション 年 中国/アメリカ 注)以下、ネタバレだらけです! 【あらすじ】. グレートウォール (映画)とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。. · The novel "ある日の禁軍" includes tags such as "グレート・ウォール", "腐向け" and more. 女将軍リンとの‘信用’を巡るやり取りの後に、ウィリアムがとった行動は・・・ 手錠を外してくれた西洋人の男が、ウィリアムとトバールに、逃げる方法を教えます。. 戦いが終わって、ウィリアムとトバールは活躍が認められ、客人として歓迎されることとなりました。宿舎に案内された2人に、助けられた若い兵士がやってきて礼を言いました。 食事の時間となり、ウィリアムとトバールは広間での食事に招かれます。そこでウィリアムは弓の特技を披露することとなり、三本の矢で皿を柱に打ち付けるという神技を披露して喝采を受けました。 席について食事をしていたウィリアムに、リン将軍が声をかけます。彼女はトバールに英語を習ったと言いました。ウィリアムはリン将軍が自分と同じく幼い頃に両親を亡くし、孤児だったと聞かされます。リン将軍は国と仲間たちに命を捧げる決意をしていると語り、ウィリアムを外壁へと誘いました。そこでリン将軍は自分たちがロープで飛び降りることが出来るのは仲間を信頼しているからだと話します。しかし傭兵として今までずっと一人で生きてきたウィリアムは誰も信用できないと語り、飛び降りることはできないと答えました。 一方、トバールはバラードから話を聞いていました。バラードもまたウィリアムたちと同じく黒色火薬をもとめて西洋からやってきて、この城に捕らえられていたのです。今まで長い時間をかけて信頼を築き上げていたバラードは、ウィリアムとトバールが来たことを好機とみて、一緒に火薬を盗んで逃げる計画を持ちかけました。 その夜、西の塔の見張りが連絡を絶ったため、シャオ将軍がリンや部下たちを伴って調べにいきました。そこには夜の闇に紛れて密かに壁を登ってきた饕餮の姿がありました。さっそく部隊が戦闘態勢をとりましたが、闇に隠れていたもう一匹の饕餮が後ろから襲いかかってきます。シャオ将軍はとっさにリンを突き飛ばし、饕餮と相打ちになって致命傷を負いました。 シャオ将軍はリンを自分の後継者に任命し、息を引き取りました。長城で葬儀が行われ、将軍の魂を弔うように無数の天燈(熱気球)が空に向けて放たれます。 しかし悲しんでいる余裕はなく、リンは次の戦いに備えて軍議を行いました。900年前の戦いが始まった頃の古文書をみていた軍の幹部たちは、ウィリアムが持っていた磁石が饕餮の弱点ではないかと気づきました。ウィリアムは饕餮を生け捕りにして実証することを提案します。さっそく麻酔薬を塗った銛が何本も用意されました。 トバールとバラードは戦いの混乱に紛れて火薬の強奪をしようと考えていましたが. . ウィリアムが目を覚ますと、枕元にリンがいました。彼女はどうしてあんな無茶をしたのかと訊ねます。ウィリアムは仲間を信頼したから飛び降りたと答えました。 その時、捕らえられ、降りに入れられた饕餮が目覚めたとの報告がありました。 ウィリアムの磁石を近づけると饕餮はとたんに大人しくなりました。どうやら磁石には彼らの生体機能を麻痺させる効果がありそうです。 すると皇帝の特使として都から来ていたシャオという男が、生け捕りにした饕餮を皇帝に献上しろと命じました。皇帝の勅命では逆らえず、シャオは兵の一団に護衛され、首都「抃梁(べんりょう)」に饕餮の檻を運んでいきました。 その後、トバールはバラードとともに立てた火薬の強奪計画にウィリアムを誘いました。しかしウィリアムは城に残って戦うと答えます。トバールは彼を見限り、バラードと二人だけで逃走することにしました。 トバールとバラードは人目を忍んで、火薬が置かれている武器庫の扉を爆破しました。ウィリアムが彼らを止めようとしましたが、トバールは隙を見てウィリアムを昏倒させ、まんまと逃げおおせます。 火薬が盗まれたことは即座に禁軍の知るところとなり、ウィリアムは囚われてしまいました。ウィリアムは止めようとしていたのだと言って弁明しましたが、裏切られたと思い込んだリンは聞く耳をもちません。しかし、ウィリアムに助けられた若い兵士がたまたま近くで目撃していて無実を証言したため、ウィリアムは処刑を免れました。それでも火薬を持ち逃げされた責任は変わらず、ウィリアムは牢に入れられてしまいます。.

「グレートウォール」 万里の長城は実は、60年に1度大侵攻してくる饕餮(とうてつ)から 国を守るために建造されたものであるという大胆な設定の スペクタクルファンタジー。チャン・イーモウ 監督。 饕餮は、あのあれ、十二国記に出てくるやつ。. グレートウォール のキャスト、スタッフ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリー. シャオ将軍が自ら出向いたのは、あそこでやられないと、この後の話しにドラマ性がなくなってしまうからですね。そのおかげで、隊長だったリンが将軍になるわけですから。 そして、新しく将軍になったリンを演じたのが ジン・ティエン 。彼女が最高に.

それから数日後、牢獄に入れられていたドハールと仲直りしたウィリアムは、リン・メイ司令官に別れを告げ母国へ帰っていった。 【ネタバレ】「グレートウォール」の感想 【全体の感想】ベタなアクション大作だけど面白かった. グレートウォール 長城 THE GREAT WALL 年 中国/アメリカ 103分 監督:チャン・イーモウ 出演:ウィリアム(マット・デイモン)、トバール(ペドロ・パスカル)、バラード(ウィレム・デフォー) リン・メイ隊長/将軍(ジン・ティエン)、ワン軍師(アンディ・ラウ)、ポン・ヨン(ルハン. グレート・ウォール」で・・・主人公は何でリン将軍と最後チューして、自分のモノにして鬼カワの大将軍の旦那様としての恵まれた人生を選択せずに自分を置き去りにして逃げよう とした友人との帰国を選択したんですか? 信念とか名誉の為でしょ。リン将軍も言ってたじゃないですか. 『グレートウォール』は、年の12月に公開されたアクション映画。 宋王朝時代、マット・デイモンが演じるウィリアムらが万里の長城を舞台に饕餮(とうてつ)と呼ばれる謎の生物と壮絶な戦いを繰り広げる映画です。 今回は『グレートウォール』のフ. 「グレートウォール」(年 原題「長城/The Great Wall」 監督/チャン・イーモウ 主演/マット・デイモン) 103分 グレートウォール ブルーレイ+DVDセット Blu-ray/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン Amazon.

『グレートウォール』(原題: 長城 / The Great Wall)は、年製作の中国・米国合作映画。 万里の長城を舞台に繰り広げられる壮絶な戦いを描いた歴史戦争アクション映画。. 1 day ago · グレートウォール。津次郎さんの映画レビュー(感想・評価)。評価4. net リン将軍可愛すぎ映画 228: 名無シネマ@上映中 /04/15(土) 16:00:44. 映画『グレートウォール』にて禁軍を率いる司令官のリン・メイ隊長役を演じたのは、ジン・ティエン(景甜)。 1 1988年7月21日生まれ、中国出身です。. ここでは実際に映画「グレートウォール」を見ての評価と感想を書いています。 あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。 グレートウォールの評価・・・4つ星. 映画『グレートウォール』でリン・メイ司令官を演じている中国人女優のジン・ティエン。最近では『キングコング: 髑髏島の巨神』にも出演していますが、プロフィールや出演作などをまとめました。.

グレート ウォール リン 将軍

email: olofetu@gmail.com - phone:(578) 499-2330 x 6823

Roselia 漫画 -

-> ショパン の 別れ の 曲
-> アキラ 百 パーセント

グレート ウォール リン 将軍 - ネタバレ


Sitemap 1

Ecwcs 菅田 将 暉 -